プレスリリース | Intralinks®

イントラリンクスがアジア太平洋の顧客向けに高度な域内データストレージを公開

Friday, March 23, 2018

高まるクロスボーダー・データセキュリティのニーズに対応

【シドニー、2018年3月23日】グローバルバンキング、ディールメイキングおよび資本市場コミュニティ分野向け金融テクノロジーのリーディングプロバイダーであるイントラリンクスは本日、同社のDistributed Content Node(分散コンテンツノード)テクノロジーをオーストラリアで展開し、アジア太平洋地域への戦略投資を行うことを発表しました。これはドイツでも展開されているイントラリンクスプラットフォームをさらに拡張するものです。この革新的なテクノロジーは、データの域内処理および保存による信頼性と高速なアクセススピードを提供することによって、市場をリードするイントラリンクスのバーチャルデータルーム(VDR)を利用する顧客に恩恵をもたらします。今回の展開は、イントラリンクスがアジア太平洋地域における高い成長率を示し続ける中で実現しました。

イントラリンクスの最高経営責任者(CEO)リーフ・オリーリは次のように述べています。「アジア太平洋はイントラリンクスにとって戦略的に重要な地域です。1988年連邦プライバシー法に準拠する法令に関連する『Notifiable Data Breachesスキーム』などデータ主権法規が発効し、規制当局が法令執行に厳格になっているのは明らかです。政府は市民が権利と義務の意識を高める取り組みを絶え間なく続けており、当社の顧客はかつてなくデータプライバシーを真剣に考えるようになりました。これらは、欧州の一般データ保護規則(GDPR)をはじめ世界中で法制化されており、個人情報保護に対する確固たる義務を世界中の組織に課しています」

Intralinks Trust Perimeter™(イントラリンクス・トラスト・ペリメーター)はイントラリンクスの顧客が「自らのペリメーターを選択」し、情報が世界中を動き回る際にその流れをコントロールするとともに、高まる法令順守の要望にも対処します。イントラリンクスは、顧客がより高い生産性で業務を遂行するだけでなく、個人情報を含む顧客情報の保護に不可欠なセキュリティ基準を満たせるよう顧客を支援するさまざまな機能を提供し、適用法令要件を順守できるようにします。

イントラリンクスは今回オーストラリアに展開したDistributed Content Nodeなど高度なテクノロジーを含め、業界をリードするプラットフォーム・アーキテクチャーを開発してきました。Content Nodeテクノロジーは、データのある場所を顧客が完全にコントロールすることを可能にします。これは、イントラリンクスの顧客にとって最も重要なデータがアジア太平洋地域から離れずに済むことを意味しています。

Intralinks Trust Perimeterによって、イントラリンクスの顧客は以下を選択することができます。 

  • どこに暗号キーが存在するか:イントラリンクスは、CMK(Customer Managed Encryption Key:顧客管理鍵)を市場で初めて導入した画期的なテクノロジーです。これは、クラウドで保有している機密データの保護に使用される暗号鍵を顧客が完全かつ独占的にコントロールする機能を実現し、イントラリンクスの顧客は暗号鍵の保管場所を決める独占的権利を持つことができます。

  • 秘密・機密情報がファイルレベルで、どのようにして世界中で閲覧、ダウンロード、編集されるか:イントラリンクスの IRM技術(Information Rights Management:情報権限管理)によって、顧客の機密情報のファイルが世界のどこにあるか、どのデバイスにあるかに関わらず、それを保護します。IRMは、ファイルに特殊な管理機能を付加することで、共有を制限するだけでなく追跡と監視も可能にし、さらに顧客が必要とすればファイルの完全消去も支援します。これにより、ファイルの保管時だけでなく、ドキュメントとともにどこへでも移動して保護を行う、プラグインフリーのセキュリティを実現します。

オリーリは「企業は、情報が従来のファイアウオールを離れた後もコントロールを維持する方法を知る必要があります。Intralinks Trust Perimeterは、顧客が情報に関する新しい広範囲にわたるペリメーターを規定するのに必要なものを提供するとともに、世界中の厳格なデータ保護基準に対応します」と述べています。 

世界の1万5000以上の企業がイントラリンクスを信頼して最も重要でハイリスクな情報を保護してきました。イントラリンクスのプラットフォームに保存される情報の80%以上は機密情報として分類されています。

イントラリンクスの22年の歴史を通じて、世界の410万の企業ユーザーが同社のプラットフォームを利用してきました。

本サービスの利用について

オーストラリアのIntralinks Distributed Content Nodeサービスは、戦略的な取引を行うイントラリンクスの顧客が利用可能です。

Distributed Content Nodeテクノロジーがどのようにして機能し、データ主権要件を満たしているかはウェブページ (英語)を参照してください。 

当社の顧客が包括的なデータセキュリティのためにカスタマイズされたIntralinks Trust Perimeterをどのように形成しているかはウェブサイト(英語)を参照してください。​

イントラリンクスについて

イントラリンクスは、グローバルバンキング、ディールメイキングおよび資本市場コミュニティ分野における金融テクノロジーのリーディングプロバイダーです。バーチャルデータルームのパイオニアとして、イントラリンクスの技術は、M&Aやキャピタルレイズ、投資家レポートといった戦略的イニシアティブに欠かせない安全かつ安心な情報の交換を促進し、業務の効率化、リスクの低減、クライアントエクスペリエンスと可視性の向上を図ることでこれらの活動を支援しています。Global Fortune 1000企業の99%以上が利用する同社のプラットフォーム上では34兆7,000万ドル相当以上の金融取引が行われています。詳細は、www.intralinks.com/jpをご覧ください。

(本資料は、2018年3月23日にオーストラリアで発信されたプレスリリース の抄訳です)

 

報道関係のお問い合わせ先
吉沢 建哉
電話:03-4510-7914
Email:tyoshizawa@intralinks.com