イントラリンクスのプラットフォーム

コアサービス

イントラリンクスが提供するのはセキュリティを超えた機能です。 総合的な文書保護および分析主導型レポート機能を提供します。 

コンテンツ管理

組織外の関係者と協業において、イントラリンクスは、単なるセキュアな文書の共有保管場所以上の機能を提供します。 イントラリンクスのプラットフォームでご利用頂けるドキュメント共有ソフトウェアは、共有されたファイルのライフタイムを通じて完全なコンテンツ管理を実現するように設計されており、コンテンツの作成、インデックス付け、そして公開に関するフルコントロールを可能とします。 このプラットフォームが提供するのは、バージョン管理、ユーザーおよびグループ用のファイル/フォルダレベルの権限、監査証跡、安全な表示機能です。

ドキュメントおよびフォルダレベルでメタデータを定義し、検索機能を強化するためにコンテンツにタグを付けます。 特定のドキュメント交換や企業全体で、強力なフルテキスト/メタデータ検索を実行できます。 チームや個人協力者を簡単に見つけることができます。

また文書のライフサイクル管理では、通知と警報をすべて管理しカスタマイズすることが可能です。適切な利害関係者を確実に把握し文書の到着、変更、タスクを通知できます。

Information Rights Management (IRM)

完全な管理を維持しながら、共有の自由を体験してください。 イントラリンクスのInformation Rights Management (IRM)は、セキュリティ侵害やデータ漏洩への対抗策として、現在主流のファイアウォールなどネットワーク境界のセキュリティに頼った防御ではなく、ドキュメントレベルでのセキュリティを重視しています。 IRMにより、ユーザー(最終的には管理者)は文書をライフサイクル全体で完全に管理できます。

単なるセキュアな環境をはるかに越える保護機能を利用できます。 エンド・ツー・エンドのドキュメント暗号化によって、誰が表示できるか、ダウンロードできるか、編集できるか、コンテンツへのアクセス期間はいつまでかなど、個別のファイルを完全に管理できます。 イントラリンクスが誇るIRM by design™は、組織内で文書管理を行い、その保護範囲をコンテンツの利用先にはどこまででも拡張できます。

文書のワークフロー

文書の配布、要求、提出、承認、確認を完全に管理できるようにするカスタマイズ可能なワークフローを利用して、ビジネス・プロセスを管理します。 ワークフローを設定する際、ルールに基づいたプロセスによって柔軟性を強化 — ドキュメントやグループに割り当てられたカスタムフィールドなど、設定可能な各種条件に基づいてプロセスルールを作成します。 また、ワークフローの実行、ファイルタイプ、権限、追加アクションも定義し、アラートや通知をトリガーしてさらにスムーズなコラボレーションを確立できます。

 

コンプライアンス報告

今日のグローバル企業は、コンプライアンスが重要な業界向けに設計された各種レポート機能を備えたコラボレーションプラットフォームを求めています。 イントラリンクスは、管理された文書、セキュリティ、コンプライアンスイベント・レポートに対するすべてのアクセスや変更の完全なトラッキングなど、総合的な電子通信レポート機能を提供し、エンタープライズ向けGRCシステムに簡単に統合できます。