経営統合(PMI)

ディールライフサイクルに最適なイントラリンクス: 買収後。

交渉が終了すると、統合作業が始まります。

イントラリンクスを利用してディール成立後の情報を管理

ディールがクローズすると、企業情報の価値はそれまで以上に高まり、統合への全面的な取り組みが進むにつれ、統合チームが全てのディール関連文書にいつでもアクセスできることが極めて重要となってきます。

経営統合(PMI)の段階に入ると、膨大な量の情報の移転、システムの統合、目標やマイルストーンの調整が必要となります。 こうした変更管理業務における極めて複雑な課題は、その場しのぎのプロセスでは効率的に解決できません。 イントラリンクスを利用すれば以下のメリットが得られます。

  • 予想したビジネスの相乗効果を早期実現し、株主の期待に応える
  • 監督機関と効率的に対話し、不利となる要因を少なくする
  • 将来のあらゆるディールに活用可能なベストプラクティスモデルを再利用

イントラリンクスの強み

イントラリンクスは、ディールプロセスの最終段階を支援するための体系的なツールセットを統合チームに提供します。このツールセットは、企業のディールメイキング部門と実行チームとの間で情報を安全かつシームレスに伝達するためのテクノロジープラットフォームとして機能します。

イントラリンクスを利用すると、経営統合作業を効率的かつ安全に、法令を順守しながら進めることができます。

  • 安全で一元化されたリポジトリでデータを管理。 イントラリンクスの活用により、機密情報を統合チームに移管する際に情報漏洩が起こるリスクを低減することができます。また、コンプライアンス調査の間は、監督機関外部へのアクセスをパーティションで区切り、制限を設けることも可能です。
  • 統合プロセスの標準化。 ディールのコミュニケーションやドキュメントの取得が行える単一アプリケーションを統合チームに提供するため、スプレッドシートやファイルの複数の保存場所や、電話会議などにかかる膨大な量のメールのやり取りも不要です。
  • コラボレーションの効率化。 ディール活動の進捗を追跡し、チームメンバーや第三者の提携会社がディール全体の動きを常に把握することができます。
  • コンプライアンスアーカイブの保管。 ディールライフサイクルのあらゆる段階でデューデリジェンス情報開示と戦略的取引を証明し、監査の不履行や不適切な規制関連開示のリスクを低減します。  

PMIに最適なイントラリンクス・ディールマネージャー

イントラリンクス・ディールマネージャーは、企業のディールメーカーをディールライフサイクルの最終段階まで効率的にナビゲートするよう設計されたツールセットを提供します。

詳細を読む

PMIに最適なイントラリンクス・ディールスペース

吸収・合併の成功は、ディールのクローズ後に明らかになる情報によって決まることが多いものです。なぜなら、経営統合(PMI)のスピードと効率が取引の明暗を分けるからです。

詳細を読む

PMIに最適なディールスペース: 経営統合プロセスを効率的に推進

M&Aディールを成功させるための重要な基準の1つは、経営統合のスピードと効率性です。

詳細を読む

統合計画の概要

買収の成功は、通常、ディールのクローズ後に統合された事業体が達成した相乗効果によっ て測定されます。

詳細を読む