Intralinks Dealspace® / セルサイド

売り手側の場合

M&A、IPO、あるいは保有株式の売却などのイベントにて、ディールプロセス全体を取り扱えるように開発されたプラットフォームは、イントラリンクス ディールスペースだけです。

ディールの準備: もちろん簡単に行えます

文書を整理し、デューデリジェンスに備えます。 イントラリンクスのディール・チーム・エクスチェンジを利用して重要なファイルを整理し、問題のないディール準備とシームレスなバーチャルデータルームへの移行を促進します。 大事なスプレッドシートを見つけようと必死に受信箱を検索したり、最新版のドキュメントを突き止めたりする必要はありません。 チームは1日目からさらに協力し合って生産的に作業できます。

ディールマーケティング: お客様の知らない企業を数多く検出

世界最大のディールソーシング・ネットワークDealnexusで、6,000を超える投資銀行、プライベート・エクイティ・ファンド、企業をバイサイドマンデートに組み込みます。 潜在的な買収側の企業を詳細な情報に基づいて識別し、今までにないスピードで個別に接続します。 拡張する潜在的な買収に乗り気な企業の世界で関係を構築することで、ディールへの関心度を測定して資産価値を最大限に活用します。 ブラインドディール・プロファイルを作成し、投資条件に基づいてインテリジェントバイヤー一覧を作成して、ディール固有のドキュメントをアップロードし、いつでもドキュメントへのアクセス権を付与したり取り消したりすることができます。 

デューデリジェンス: Intralinks Dealspace VDRの導入

1997年に提供開始以来、クラス最高のバーチャルデータルームで定評のあるIntralinks Dealspaceを利用すると、デューデリジェンス段階にシームレスに移行できます。  明確な権限を付与する機能を使用してディールをより迅速かつ効率的にクローズできます。また、高速なドキュメントアップロード速度を実現する機能などディールプロセスを促進するように設計された多くの機能を利用できます。 

あらゆる要素を網羅するレポート: いつでも、どこでも分析機能を利用 

Intralinks Dealspaceで、潜在的な買収側企業がデスクトップやモバイルデバイスからお客様の共有データをどこで、いつ、どのように取り扱っているかを把握できます。 どの買い手先企業が真剣に検討しているかを簡単に確認でき、ディールをより迅速にクローズさせるための重要ポイントを見つけることができます。  

Q&A: Intralinks Dealspaceが他社製品と異なる点

ディールプロセス全体では、潜在的な買収側企業からの質問を管理して迅速な対応を保証するのは、時間がかかる作業になりがちです。 Intralinks Dealspaceは混乱をなくしてお客様をよくあるミスから守るとともに、重要なセキュリティおよび監査機能を維持します。 スプレッドシートを利用する従来の非効率的プロセスによるQ&AのトラッキングをVDRに統合することで、Intralinks Dealspaceは、プロセスの流れを維持するサポートをします。 

ディールクローズ時

デューデリジェンスが終了したからといって、ディールがクローズしたわけではありません。 1億ドルを超える価値があり公開会社が関わるディールの93%は、訴訟になっています。 Intralinks Dealspace DVD Archiveを利用すれば、お客様の法務にかけるコストを下げ、リスクエクスポージャーを削減できます。 VDRではあらゆる活動の監査を完全に追跡できるので、紛争は裁判沙汰になる前に解決できます。 

* http://www.wilmerhale.com/uploadedFiles/WilmerHale_Shared_Content/Files/Editorial/Publication/2013-wilmerhale-ma-report.pdf

詳細は弊社までお問い合わせください。