Intralinks Studyspace™

電子試験実施施設ファイル

臨床関連文書のライフタイム管理によって施設により自由を与えます。 Intralinks Studyspace™電子試験実施施設ファイル(eISF)は、オンライン施設規制関連バインダーをシンプルかつ効率的に管理します。 

eISFは関係者全員の自由度および管理機能を高めます。

モニターではなく、参加者にフォーカスできる時間と空間を臨床試験施設に提供します。 治験責任者は、臨床試験文書全体の独立管理を維持でき、治験依頼者はIntralinks Studyspaceの電子管理試験実施施設ファイル(eISF)を利用して、オンサイト外来を大幅に削減することで、時間とコストを節約できます。

Electronic Investigator Site File (eISF) diagram

Intralinks Studyspaceを利用すると、施設の治験責任者は独自の完全暗号化クラウドリポジトリ内で臨床試験文書を作成、管理、共有、保管することができます。 治験依頼者はリモートで試験をモニタリングし、施設に赴いてペーパーワークを確認しなくても検査準備体制を改善可能 — 関係者全員の時間とコストを大幅に節約できます。  

  • 施設において、治験責任者が独自に管理する施設ファイル(規制関連バインダーなど)を1か所の安全な場所に保管できます。
  • 施設の監督者が治験責任者の文書をオンサイトで個人的に確認する必要がなくなります
  • 施設と治験依頼者間のコンテンツ配布と回収を合理化します
  • 費用対効果が高く独立し、検査に対応したすべての試験関連文書のアーカイブを作成します

Intralinks Studyspace

ブレークスルーを加速化。 コミュニケーションと効率的かつリアルタイムの情報交換に基づいたセキュアなオンラインリポジトリで臨床試験を管理し、薬剤や治療法を市場に投入する速度を高めます。 

詳細は弊社までお問い合わせください。