Intralinks Studyspace™

安全性に関する文書の配布

 

Intralinks Studyspaceは、臨床試験施設にリアルタイムで安全性報告書を送信するために設計された安全なオンラインポータルを利用して、安全性に関する文書(SUSAR)の配布を迅速に行います。 

コミュニケーションを重視した臨床試験管理

Intralinks Studyspaceを利用して、治験責任者は、臨床施設報告書をリアルタイムで送信、交換、応答することができます。 直感的なコラボレーションツール、トラッキング機能、ステータスレポートなど、Intralinks Studyspaceにはワークフローを改善する以上の機能が充実しており、利用することで臨床試験プロセス全体の効率を高めることができます。   

  • 治験依頼者は、重篤な有害事象(SAE)報告書を施設の治験責任者にリアルタイムで送信できます
  • 治験施設、治験審査委員会、倫理委員会、参加調査機関全体で予期しない重篤な副作用の疑い(SUSAR)の報告を瞬時に共有します
  • 治験責任者は、プロトコルに従って迅速に対応し、追加リスクを減らせます
  • 報告タイムラインへの準拠を保証します

治験依頼者は治験責任者にイベントをリアルタイムで通知できるため、すべての参加施設全体で重要な情報を効率的に広めることができます。 治験依頼者は、郵送を利用する頻度が減り、1回の試験ごとに平均36,000ドルの節約、また、手作業による施設管理プロセスにかける労働時間を80%削減できます。

例: Studyspaceを利用すると、治験依頼者に詳細な分析を提供してより適切な施設の選別を可能にすることで、施設間の実行プロセスを自動化できます。 最適な施設では、スケジュールと予算に従って治験の効率が高まります。

デモンストレーションをみる

 

2013年10月24日のウェブキャスト「Informing the Investigator - Implementing an Automated SUSAR Reporting System」を再生するには、ここをクリックしてください

Intralinks Studyspace

ブレークスルーを加速化。 コミュニケーションと効率的かつリアルタイムの情報交換に基づいた安全なオンラインリポジトリで臨床試験を管理し、薬剤や治療法を市場に投入する速度を高めます。

詳細は弊社までお問い合わせください。