Intralinks VIA® / セキュアなドキュメント共有

同期と共有を超えた、ドキュメントライフサイクルを通じたコントロール

忙しいIT部門の手を煩わせ、高コストの原因となるドキュメントポータルを必要としない直感的に使えるプラットフォームで安全かつ効率的なファイル転送を実現。

コンテンツの共有先を懸念することなく業務を遂行

Intralinks VIA™は、今日のワークスタイルにあわせ、セキュアなドキュメント共有が可能になるようデザインされています。ウェブ、デスクトップ、そしてモバイルデバイスからもアクセスできます。

ドキュメントの組織外への共有も組織内と同じようにセキュアに管理できます。Intralinks VIAは、タイムゾーンや従来の企業のセキュリティ境界線を超えた、リアルタイムのドキュメントコラボレーションを促進します。いつでも、どのデバイスからでも、許可やアクセスの無効化が可能なので、ファイルに対する完全なコントロールをつねに保持できます。

現代の企業のためのファイル転送管理を実現するIntralinks VIA は、ドキュメントのセキュアな共有方法を提供し、次世代のドキュメントコラボレーションレベルにまで引き上げます。

  • コンテンツのライフサイクルを通して、ダウンロード、編集、印刷を含むアクセス権や許可に関してドキュメントレベルでのコントロールを保持
  • デスクトップ、ウェブ、またはモバイルデバイスからでも、共有ドキュメントの閲覧、編集、コメント付けが可能
  • 大容量ドキュメントのアップロード、権限設定やアクセス無効化の設定が、複雑な手続きやIT部門の関与なしで簡単に実現可能。ファイル種類は問わず、データ容量は無制限。
  • SharePoint®のような企業コンテンツ管理システムに統合可能。追加のエクステンションやAPIを活用可能
  • Microsoft Officeのドキュメントを、セキュリティを保った状態で、ネイティブファイルフォーマットのまま閲覧
  • Intralinks IRM by design™で、ライフサイクルを通してドキュメントを保護しながら、アップロードや共有を実行可能
  • 暗号化キーの完全なコントロールを必要とする企業のためにデザインされたカスタマー・マネージド・キー(Customer-Managed Keys,  CMK)で、より高度なセキュリティを提供
  • 直感的なインターフェースとドラッグアンドドロップに対応。製品のトレーニングにかかる時間を短縮し、速やかな導入を実現可能

Intralinks VIA

セキュアな企業コラボレーションをシンプルに。たとえダウンロードされた後であっても、UNshare™(アンシェア)によって重要な情報を完全にコントロールの保持が可能となり、ドキュメントのライフサイクルを通した管理が実現します。

Intralinks VIAの詳細を見る