カスタマー・マネージド・キー(CMK)

暗号化キーのライフサイクルをトータルコントロール

イントラリンクスのカスタマー・マネージド・キー(CMK)は、お客様のSaaSベースプラットフォームのセキュリティを完璧に保護し、ITオーバーヘッドを低減し、重要なコンテンツを保護します。

FIPS 140.2 Level 3セキュリティ基準に適合する専用のハードウェアとソフトウェアを統合することで、CMKはお客様のクラウド内データを完全にコントロールしやすくします。

 

Customer managed Encryption Keys
With CMK, you own the only copy of your keys

イントラリンクスのCMKを使えば、お客様はキーのコピーを維持するだけです。

FIPS 140-2 Level 3に完全準拠したソリューションにより、お客様は暗号化キーを使ったクラウドベースのデータ管理を全て行うことが可能となります。

  • ロジカルなロケーションコントロール:暗号化キーは、暗号保護されたデータの保存場所に関わらず、国内での保存が可能です。
  • 第三者のテクノロジーによる関連リスクがなく、専用の共有インフラが利用できます。
  • イントラリンクスに頼らず、コンテンツへのアクセスを取り消すことができます。
  • 暗号化キーをコンテンツの再暗号化を要求することなく、暗号化キーを利用することができます。
  • キー管理プロセスの完全監査が可能なほか、既存の社内キー管理を

効率化できます。

Intralinks VIAを最も信頼しています。それは安全で使い易いからです。弊社では、導入後2年以内に外部20社のクライアントとIntralinks VIAを通じてコラボレーションを行う予定です。

ルーベン・ベッカー
最高執行責任者(COO)
Leverate Media