RPC

ケーススタディ
2015年初頭、国際的な法律事務所のReynolds Porter Chamberlain LLP (RPC)では、コンプライアンスリ スクやデータ漏えいの対策を講じながら、大量の法的機密文書ファイルを共有する必要がありました。 その ​解決策として、Intralinks VIA®を全従業員向けに導入しました。

ケーススタディ
Swiss Economic Forumでは、資金調達を求めている中小企業の成長戦略を彼らのパートナーと共に レビューするにあたり、企業の機密文書ファイルを共有する際の安全でコストパフォーマンスとコンプライア ンスに優れた手段として、Intralinks VIA®を活用しています。

ケーススタディ

ERYTECH Pharmaはフランスのバイオ製薬会社で、急性白血病やその他の形態のがんのために画期的な治療薬を開発・製造しています。

ケーススタディ
ドイツのメーカーMG Technologiesは、自社の化学製品事業を売却することに決めましたが、売却が複雑であるためデューディリジェンスが遅滞することを不安視していました。

ケーススタディ
London & Continental Railways (LCR)がHigh Speed 1を販売することを決めたとき、データを入札者に提供する際の支援として、イントラリンクスの機密情報交換ソリューションを選びました。

ケーススタディ

エネルギー調査・生産会社のMaurel & Promでは、企業開発にIntralinks Dealspace™を利用しています。

ケーススタディ
ActoGeniXは、新世代の生物学的製剤の開発を得意とするバイオ製薬会社です。

ケーススタディ

Nordic Groupは機密文書をクライアントと安全に共有するためにIntralinks VIA®を採用し、文書の確認とクライアントとの共有に必要な時間を80%削減しました。

ケーススタディ

juwiは、再生可能エネルギーの分野で世界トップクラスの企業です。 同社は地域内で強力な存在感を誇り、プロジェクト開発はもちろん、エネルギー政策の転換を実現するための製品やサービスを提供しています。