ケーススタディ
Pacific Infrastructureは、大規模な港湾建設プロジェクトに着手していますが、これはやがて、公共利用できる原油と派生物の処理用特別インフラを備えた国内初の大規模港湾施設になる予定です。

ケーススタディ

Inversiones la Construccion (ILC)は、年金プログラム、医療業務、保険、教育、テクノロジーサービスなど、国の開発に重要なサービスを提供するチリのコングロマリットです。

ケーススタディ

チリ最大の法律事務所であるCarey y Ciaは、大規模なセメント会社の買い手を見つける必要があったため、デューディリジェンス・プロセスをサポートするためにイントラリンクスを選択しました。

ケーススタディ

Grupo ASSAでは、Intralinks Exchangesを採用することで、多額の資金を取り扱う再保険オペレーションにリンクされた超機密データを安全に交換することができました。

ケーススタディ
Odebrechtのチームは、グローバルに土地の購入者の関心を集める必要がありました。

ケーススタディ
国際債券募集のデューディリジェンス段階のため、Banco Daviviendaのチームでは重要な会計・財務文書を世界各地の銀行、投資銀行、法務部門がいつでもアクセスして取得できるようにしておく必要がありました。

ケーススタディ
Aguas Andinasでは、仮想データルームを導入すればグローバル投資家の注目を集め、自社の株価に最大限の価値を生み出してくれることに気付きました。 同社はデータルームを運用するためにイントラリンクスを選び、18億3,000万株で9億8,000万ドルの調達に成功しました。

ケーススタディ
Andino Investment Holding (AIH)は、国際貿易に携わるペルーの企業14社から構成されるコングロマリットで、物流・港湾サービスのほか、インフラストラクチャ供給の分野でトップクラスです。