ケーススタディ
DuPontでは、2つの国際事業部の売却をサポートするため、Intralinks® Dealspaceソリューションを選びました。

ケーススタディ
ドイツのメーカーMG Technologiesは、自社の化学製品事業を売却することに決めましたが、売却が複雑であるためデューディリジェンスが遅滞することを不安視していました。

ケーススタディ
London & Continental Railways (LCR)がHigh Speed 1を販売することを決めたとき、データを入札者に提供する際の支援として、イントラリンクスの機密情報交換ソリューションを選びました。

ケーススタディ

エネルギー調査・生産会社のMaurel & Promでは、企業開発にIntralinks Dealspace™を利用しています。

ケーススタディ

Priory GroupがABN AMROへ売却されたニュースは、ビジネス欄のトップ記事になりました。ABN AMROは30のグループよりも競売で高値を付けて、ヘルスケアプロバイダーを購入することに成功しました。

パブリケーション

M&Aマーケットの回復が加速し始めるにつれ、企業のM&A戦略が脚光を浴びています。 M&A活動から株主が得るリターンが市場を上回るものにするために、企業はどのようなことをしているのでしょうか?

ケーススタディ
Fairmont Hotels & Resortsは、投資家のカール・アイカーン氏による敵対的買収の標的になったことに気付いたため、迅速に対応する必要がありました。

ケーススタディ
Odebrechtのチームは、グローバルに土地の購入者の関心を集める必要がありました。

ケーススタディ
Aguas Andinasでは、仮想データルームを導入すればグローバル投資家の注目を集め、自社の株価に最大限の価値を生み出してくれることに気付きました。 同社はデータルームを運用するためにイントラリンクスを選び、18億3,000万株で9億8,000万ドルの調達に成功しました。