Resource
Hoku Corporationは多角的なクリーンエネルギー製品・サービス企業で、3つの事業部(Hoku Materials、Hoku SolarおよびHoku Fuel Cells)を持っています。

Resource

juwiは、再生可能エネルギーの分野で世界トップクラスの企業です。 同社は地域内で強力な存在感を誇り、プロジェクト開発はもちろん、エネルギー政策の転換を実現するための製品やサービスを提供しています。

Resource
米国最大の石油・ガス生産会社BPとの戦略的パートナーシップを交渉している間、先進バイオ燃料開発会社のVereniumでは前のディールとは異なるやり方で取引する必要がありました。

Resource

イタリアの公益事業界の巨人Enìaでは、同社の開発の次の段階を満たしてくれる投資家を探していました。

Resource
Aguas Andinasでは、仮想データルームを導入すればグローバル投資家の注目を集め、自社の株価に最大限の価値を生み出してくれることに気付きました。 同社はデータルームを運用するためにイントラリンクスを選び、18億3,000万株で9億8,000万ドルの調達に成功しました。