環境、社会、コーポレートガバナンス(ESG)は今後も継続します。

M&Aディールメイキングでは常にリスクとリターンの適切なバランスを見出だしてきました。それでは、ESGの義務はどの部分で議論され、ESGプログラムはどの方向で展開するのでしょうか?

ESGが制限的なガバナンスを意味するという認識によって、ディールメイキングが妨げられ、資産の評価が下がる可能性があると一般に認識されてきました。しかし、その見方は変わりつつあります。最新のホワイトペーパー「トップM&A専門家によるディールプロセスのESG対応」では、6名の経験豊富なM&A専門家にインタビューを行い、取締役会が優れた受託責任の価値に注目し始め、ESG義務の陰に明るい兆しを見出だしていることを明かします。

最新のホワイトペーパーをダウンロードして、ESGの厳しい制限への取り組みにおける長期的展望をお読みください。

  •  ESGへの取り組みをリードしている企業
  • ESGがM&Aに浸透しディールを加速する方法
  •  ESG採用にあるミレニアル世代の影響
  • 優れた企業がM&A戦略にESGを組み込む方法
  • その他
2021/8/24