ホワイトペーパー:コロナ危機後の不良債権(NPL)に見出すチャンス

世界的なパンデミックは金融危機にさらに拍車をかけることとなり、世界中でローンのデフォルトが急増しています。これは不良債権に関連した売り手、発行者、金融機関にとってのチャンスでもあり課題でもあります。ポストコロナの不良債権市場を乗り切るためには?

Report cover image

コロナウイルスパンデミックによる世界的な経済問題が具体化するにつれ、様々な疑問が生じています。企業が負債を処理するプロセスにおいて、不良債権にはどのような影響があるでしょうか。ローンデフォルト率の急上昇と過剰レバレッジの資金調達構造は、投資家を思いとどまらせることになるのか、あるいはマイナス利回りとセーフヘイブン(資金の安全な逃避先)オルタナティブ投資が、不良債権への投資を促すことになるのでしょうか。
 
メールアドレスを入力すると、最新のホワイトペーパー「コロナ危機後の不良債権(NPL)に見出すチャンス」をお読みいただけます。今号はポストパンデミックの重要な進展に関する特集です。

  • 2008年の金融危機以降に見られた不良債権の傾向は、ポストコロナの見通しに影響を及ぼすのでしょうか?
  • 不良債権の取引開始、マーケティング、評価、実行にまつわる新しい課題
  • 投資家への働きかけやデューデリジェンス、機密性の高い個人を特定できる情報(PII)の保護まで、不良債権資金調達ディールのライフサイクル全体を強化する方法について

準備はできていますか?不良債権売買と素早いディールプロセスについてはイントラリンクスにご連絡ください

 

 

 

2020/7/30