Resource

投資家とのコミュニケーションニーズに対応する最新のソリューション。

Basic page

インベスタービジョン™で投資家とのコミュニケーションニーズに対応ファンドレポートの合理化、情報の保護、投資家との関係強化を実現 

Trust Capital

Resource

トラスト・キャピタル株式会社(以下、トラスト・キャピタル)は2018年9月、 イントラリンクスが提供するファンド業務支援ソリューションを導入し、同 社が運営するファンドと投資家とのコミュニケーションを図るツールとし て活用し始めました。

Resource
Hoku Corporationは多角的なクリーンエネルギー製品・サービス企業で、3つの事業部(Hoku Materials、Hoku SolarおよびHoku Fuel Cells)を持っています。

Resource
ActoGeniXは、新世代の生物学的製剤の開発を得意とするバイオ製薬会社です。

Resource

TVM Capitalはドイツ初のベンチャーキャピタル投資会社の1つで、投資家への情報伝達を改善し、ドイツと米国での事業所間の業務を合理化したいと考えていました。

Resource

Avondale Partnersでは、Intralinks Dealspace®を導入してM&Aディール速度を25パーセント向上させました。

Resource
Silverpopが企業開発ニーズにIntralinks Dealspaceを採用した理由としては、投資家コミュニティの間でイントラリンクスプラットフォームが使いやすく、汎用性が高くて親しみやすいからです。