イントラリンクスM&A情報のリークに関する年次レポート2018年版

ディール情報のリークは全体的に減少。その理由を最新レポートでご紹介します。

毎年、イントラリンクスとロンドンのカスビジネススクールのM&Aリサーチセンターは、数千におよぶ世界中のM&A取引を検証し、M&Aディール情報がリーク(漏えい)していると考えられる、ディールの公表前に行われた株式取引の特徴を分析しています。

この年次レポートはその結果をまとめたもので、国・地域別および業種別のディール情報リークのトレンドについての詳細と、ディール情報のリークに関するリスクとメリットについての分析が掲載されています。

 イントラリンクスM&A情報のリークに関する年次レポート2018年版を今すぐダウンロードし、以下をご確認ください: 

  • ディール情報のリークが行われる理由と世界全体でリークが減少している理由
  • 国・地域別および業種別ディール情報のリークの増加と減少について
  • 規制がディール情報のリークにもたらす影響のトレンド

レポートをご希望の方は、フォームに連絡先をご記入の上送信してください。レポートのリンクを記載したメールをお送りします。

イントラリンクスによるM&Aに関するその他の洞察レポートをご希望の場合はこちら  

“M&A活動が最も活発な10カ国・地域のうち、2017年にディール情報のリークが多い上位3カ国・地域は香港、インド、アメリカでした。逆に、2017年にディール情報のリークが少ない下位3カ国はフランス、ドイツ、韓国でした。香港のディール情報リーク率は、2017年に2倍以上となりました。イギリスの2017年のリーク率は、ここ9年で最も低い1.5%にとどまりました。”

- イントラリンクス 戦略的ビジネス開発担当バイスプレジデント フィリップ・ウィチェロ

2018/11/13