2020年 SS&C イントラリンクス LP調査

Private Equity Wireの協力を得て作成された2020年 SS&Cイントラリンクス LP調査は、世界中の170以上の リミテッドパートナー(LP)の見解を蓄積していま す。

この調査によると、投資家は、昨年のリスク調整 後の堅調なパフォーマンスを背景に、2019年の優先ア セットクラスをはるかに上回る傾向で、プライベート エクイティに多大な信頼を示し続けています。

9月10日の報告書完全版の公開に先立ち、この調査で得 られたいくつかの重要ポイントを以下に記載します。

LPの見通し

"当社はあらゆる領域のPEマネージャーに配分しますが、非常に高レベルのドライパウダー(および価格)が大規模また は巨大なキャップスペースで見られることを考慮すると、1億から5億米ドルの範囲が特に魅力的であると考えます。また 最近では、15億ユーロ以下の資金でマネージャーを探す3つの任務を獲得しました。当社は特に1億ドルから5億米ドルの 範囲を模索しているわけではありませんが、原則は同じで、より小規模な欧州のマネージャーをターゲットにしていま す。これらは一般に地域に的を絞ったマネージャーであり、おそらく一部の分野に特化したジェネラリストである傾向が あります。この規模のマネージャーにとっては大きな市場機会があると考えます。それは活気に満ちたエコシステムであ り、私達はこの分野におけるアルファジェネレーターと上位4分の1のパフォーマーを識別する強力な実績があります。"

メリック・マッケイ(Merrick McKay) – アバディーン・スタンダード・インベストメンツ(Aberdeen Standard Investments)プライベートエクイティ 欧州部門長

 

最新のLP調査結果の独占プレビューをご覧ください。また、9月10日公開時に調査結果レポート完全版の受信をご希望の場合はご登録ください。

主なポイント

2019年のLPのレーダースクリ ーンにおけるミッドマーケッ トのプライベートエクイティ (PE)マネージャー、アセッ トクラスが引き続きパフォー マンスを牽引

 

最新のLP調査結果の独占プレビューをご覧ください。また、9月10日公開時に調査結果レポート完全版の受信をご希望の場合はご登録ください。

2019/06/25