2019年10-12月期 SS&Cイントラリンクス ディール・フロー・プレディクター

M&Aの将来を見越して、よりよいディールを実行

SS&Cイントラリンクス ディール・フロー・プレディクターは、初期段階のM&A活動(準備段階またはデューデリジェンス段階に達したセルサイドのM&Aディール)を追跡調査することで、今後6カ月にわたるグローバルおよび地域別のM&A活動の公表件数およびマーケットに関する知見を提供します。こうした初期段階のディールとは、通常ディールアナウンスの平均6カ月前を指します。

最新号

弊社独自の検証による2019年10-12月期における地域および業種別のM&A活動予測のほか、以下の特集を掲載しています。

  • コングロマリットの終焉?
  • Alvarez & Marsalのプライベートエクイティ・サービスプラクティス部門取締役、兼同社取引アドバイザリーグループ グローバルプラクティスリーダーを務める、ポール・アヴァーサノ(Paul Aversano)氏による、現在の「ボラティリティの渦」を切り抜けるためにM&Aディールメーカーが理解しておくべき点。
     
2019/08/14