ケーススタディ

ERYTECH Pharmaはフランスのバイオ製薬会社で、急性白血病やその他の形態のがんのために画期的な治療薬を開発・製造しています。

ケーススタディ
ドイツのメーカーMG Technologiesは、自社の化学製品事業を売却することに決めましたが、売却が複雑であるためデューディリジェンスが遅滞することを不安視していました。

ケーススタディ
ActoGeniXは、新世代の生物学的製剤の開発を得意とするバイオ製薬会社です。

ケーススタディ

Nordic Groupは機密文書をクライアントと安全に共有するためにIntralinks VIA®を採用し、文書の確認とクライアントとの共有に必要な時間を80%削減しました。

ケーススタディ

Priory GroupがABN AMROへ売却されたニュースは、ビジネス欄のトップ記事になりました。ABN AMROは30のグループよりも競売で高値を付けて、ヘルスケアプロバイダーを購入することに成功しました。

ケーススタディ

Inversiones la Construccion (ILC)は、年金プログラム、医療業務、保険、教育、テクノロジーサービスなど、国の開発に重要なサービスを提供するチリのコングロマリットです。

ケーススタディ

抗がん剤開発企業Immatics Biotechnologiesは、社内のオープンなコミュニケーションを自負しています。

ケーススタディ

Claris Lifesciencesでは、機密情報をオンラインで1か所に保管する場所を採用することに決め、コラボレーションの推進、コミュニケーションの改善、業界標準との調整を図るため、IntraLinks®を導入しました。